フラッシュモブ 日本 企画の種類

フラッシュモブと企画の種類

フラッシュモブとはインターネット、Eメールを通じ集まった大勢の人々が公共の屋内外問わず突如集合し、決められた演目をこなし即時解散する事に特化した行為を言います。

 

2003年のニューヨーク市でビル・ワジクの呼びかけで行われたのが始まりと言われています。
フラッシュモブ以前からオフ会やミーティングと称したインターネット 、Eメールを介して集まる行為は存在していたが、フラッシュモブはよりサプライズ的であり多くの人に見せるまた注目してもらうことに重点を置いています。

 

フラッシュモブの種類も多様にあり、ダンスや演奏等からストーリー性を重視した演劇にミュージカルと大勢が参加できる事柄が挙げられます。
こうしたエンターテインメント性から多くのメディアが色々な場面で活用しています。

 

最近ではメディアに限らず個人がプロポーズの為にフラッシュモブを企画したりと一般に浸透し、フラッシュモブの活躍の場が広がっています。
予告なく大勢の演じ者が集まりだし始まる事で人々の関心を引き注目度は高く、見ている人を魅了する力を備えています。

 

また終了と同時に即時解散と拘束時間が短くオフ会とはまた違った魅力であり特徴でもあります。
呼びかけで集まる人数もフラッシュモブの浸透度からより大規模になり始めています。

 

街中や公共の場でダンス 演奏等を行うエンターテインメントの集合体。
インターネットが浸透し手軽に参加できる事から未知の可能性を秘めています。

おすすめサイトの紹介

●フラッシュモブの裏側の活動、その他アーティストの活動の場所つくりをすすめているサイト。
>>IPA(independent Performance Academy)

●大阪でのフラッシュモブ代行会社
>>flamob